文字サイズを変更する
小
中
大
 

群馬県のニュース

「お前はまだグンマを知らない」 3月7日から実写ドラマ 

更新日時:2017年2月9日(木) AM 06:00
 群馬県民でない人が焼きまんじゅうを食べると死に至る―。そんな虚構と現実が入り交じった漫画「お前はまだグンマを知らない」の実写ドラマが3月、日本テレビで放送される。映画化も予定され、「楽しみだ」「(実写化に)笑った」とツイッターで話題になっている。

◎井田ヒロトさん(高崎)作の人気漫画
 「授業の号令は起立、注目、礼(注目がない県がほとんど)」「止めた自転車は(冬場の風で)大抵倒れる」。作中には「グンマの真実」として「あるあるネタ」も多く登場する。

 「お前は―」は高崎市在住の漫画家、井田ヒロトさんが新潮社のウェブマガジン・くらげバンチで連載中。単行本は9日に7巻が発売され、累計発行部数は50万部を超える。

 井田さんは神奈川県生まれで、中学1年の時に同市に転入、本県で学生時代を過ごした。群馬弁がヤンキー言葉に聞こえたり、みんなが上毛かるたを暗唱できて驚いたり―。主人公が受ける数々のカルチャーショックは実体験がベースという。

 実写化について、井田さんは「ドラマ、楽しみです。これをみて、他県の方にもっと群馬県を知っていただけたらうれしいです!」とコメントしている。

 ドラマは全4回で3月7日にスタート。火曜午前0時59分~1時29分に放送される。主人公を演じる神奈川県出身の間宮祥太朗さんは「グンマの事を少しずつ知り、立派なグンマーになっていければ」と話している。

 井田さんは、人口減少対策で上毛新聞社が県や市町村、企業と協力して取り組んでいる「ぐんま愛 ここに生きる」キャンペーンのポスターをデザインした。

※詳しくは「上毛新聞」朝刊有料携帯サイト「上毛新聞ニュース」でご覧ください。

看護職就職ガイダンス
群馬県有力企業 合同企業説明会Ⅱ(4月16日(日) 高崎市)

実写化が決まった漫画「お前はまだグンマを知らない」