文字サイズを変更する
小
中
大
 

R25

女性だけじゃない…「タラレバ男」恋愛の後悔TOP5

2017年2月17日(金) AM 11:01
東村アキコ氏の同名コミックスを原作とした、ドラマ『東京タラレバ娘』(日本テレビ系)。「あの時、あーだったら」「もっと、こーしてれば」と過去を悔いるアラサー独身女性のリアルな姿やタラレバ話を非難する男性を描いており、同世代の女性からは「刺さる」「痛い」といった悲鳴が上がっている。

【もっと大きな画像や図表を見る】

しかし、「過去の恋愛で後悔していること」はアラサー男子にもあるのでは? そこで、過去の恋愛を振り返り「『~していたら』『~していれば』と後悔すること」を30~34歳の男性会社員200人に聞いた。(R25調べ。協力/アイリサーチ)

■過去の恋愛で「~していたら」「~していれば」と後悔することTOP5

(複数回答)

1位 好きだった女性に告白すればよかった 38.5%
2位 付き合っていた彼女と別れなければよかった 23.0%
3位 告白してくれた女性と付き合えばよかった 17.5%
4位 付き合っていた彼女と結婚すればよかった 9.5%
5位 付き合っていた彼女と別れればよかった 7.0%

※番外
・後悔することはない 44.5%

1位の【好きだった女性に告白すればよかった】や3位の【告白してくれた女性と付き合えばよかった】といった、“一歩進めなかったこと”を後悔する男性が多い結果に。逆に、【付き合っていた彼女と別れればよかった】という後悔は5位で、過去の恋愛を“悪い思い出”と捉えている人はあまりいないようだ。では、なぜ後悔しているのか、それぞれの理由をコメントから見ていこう。

【1位 好きだった女性に告白すればよかった】
「後で分かったことだが、実は両思いだったから」(30歳)
「中学から好きだった子が30歳すぎても好き」(33歳)
「もう会わなくなったので、自分の気持ちを伝えて、たとえふられたとしても結果が知りたかった」(34歳)
「若い時にもっと恋愛したかった」(33歳)
「8年片思いしていたせいで時間を無駄にした。ダメ元で告白するべきだった」(30歳)
「違う人生になっていたかもしれない」(33歳)
「幼なじみの仲が良い関係が続き、関係が壊れるのが怖くて告白できずにいたが、その後、同窓会で再会し、相手が『結婚するが不安』と相談をしてきました。お酒の席だったので『もし(自分が)告白していたら、どうしていた?』と聞いたところ、『今頃、結婚していたかもね』とのこと。その日ほど酒を呑んだ日はありません」(32歳)

【2位 付き合っていた彼女と別れなければよかった】
「とても良い彼女だったが、(自分が)浮気をし、浮気相手に本気になってしまい別れた。でも、今思うとその浮気相手よりも数倍魅力的な人だった」(30歳)
「それ以降は出会いがないから」(34歳)
「小柄でマメな自分のタイプの人だったが、(自分の)親が倒れてしまい、迷惑をかけたくなかったので別れたから」(31歳)
「遠距離が原因で別れたため、近くに行けばよかったと思う」(31歳)
「一番理解し合えていた相手じゃないかと思うことがある」(30歳)

【3位 告白してくれた女性と付き合えばよかった】
「(自分が)意識し始めた時にはすごく魅力的な女性になっていたが、もう振り向いてもらえなかった」(33歳)
「好きな人が告白をしてきたが冗談だと思って笑って流してしまった」(34歳)
「自分に自信がなく断ったが、今考えるとあれほどフィーリングの合う相手にめぐり合うことは難しいと感じているから」(34歳)
「あのメールの文章はやはり告白だったように思う。明確なOKをこちらから出すべきだった」(32歳)
「いざ考えたら凄く相性が良かったかも」(33歳)

【4位 付き合っていた彼女と結婚すればよかった】
「どうせすぐによりを戻しに来るだろうと思っていたら、そのまま別れてしまった」(32歳)
「あの時結婚していれば、未だに独身ということはないから」(34歳)
「今思うとまともな性格(の相手)だったから」(32歳)
「好きだった」(31歳)

【5位 付き合っていた彼女と別れればよかった】
「もっと早く別れていれば、次のいい子ともっと時間が過ごせた」(33歳)
「付き合っていた彼女が今の妻だが、結婚後に魅力的な女性と出会う機会がよくあるから」(32歳)
「他の可愛い子と付き合えたかも」(33歳)
「後に出会うもっといい人と付き合いたかったから」(33歳)

なんとも切ない「タラレバ」エピソードが多く寄せられたが、「それ以降は出会いがないから」「あの時結婚していれば、未だに独身ということはないから」といった悲しい現実を悔やむ声も多い。しかし、いくら「タラレバ」を言っても過去には戻れない。これ以上後悔を増やさないように、これからの恋愛をしていきたいものだ。

(河島マリオ)

(R25編集部)

女性だけじゃない…「タラレバ男」恋愛の後悔TOP5はコチラ

※当記事は2017年02月16日に掲載されたものであり、掲載内容はその時点の情報です。時間の経過と共に情報が変化していることもあります。
※コラムの内容は、R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

ドラマとは逆に“男同士の飲み会”を女性から非難されたら…。男性は立ち上がれる? ※画像はサイトのスクリーンショットです(ドラマ『東京タラレバ娘』公式ページより)