文字サイズを変更する
小
中
大
 

全国のニュース

規制委員長「東電に適格性ある」 柏崎刈羽の再稼働審査

更新日時:2017年9月13日(水) PM 07:18

 原子力規制委員会の田中俊一委員長は13日、定例の記者会見で、東京電力が柏崎刈羽原発6、7号機(新潟県)を再稼働する適格性について「委員会として『ある』と判断した」と述べた。一方で「口約束では心もとない」とも指摘し、東電がこれまで示した事業者としての「決意と覚悟」を原発の保安規定に盛り込むことなど、条件付き容認との考えを示した。

 保安規定は電力事業者が自ら定める原発の運転管理方法で、規制委の審査を経て認可される。規制委は、事故の責任や組織として安全確保に取り組む姿勢などを保安規定に明記することで実効性を持たせることができると判断した。

 東電柏崎刈羽原発の再稼働審査について、記者会見で質問に答える原子力規制委の田中俊一委員長=13日午後、東京都港区