文字サイズを変更する
小
中
大
 

群馬県のニュース

「次の30年も全力」 JR東日本が感謝祭 

更新日時:2017年7月31日(月) AM 11:00
 JR東日本の発足30周年を記念した感謝祭が30日、JR高崎駅東口ペデストリアンデッキで開かれた=写真。JR東日本東京吹奏楽団による記念コンサートをはじめ、群馬県出身アーティストのライブ、群馬の食を集めたフードマーケットなどが行われ、駅利用者らでにぎわった。

 記念コンサートに先立って行われた式典で、JR東日本高崎支社の百瀬孝支社長は「次の30年に向けて、地域の皆さまやお客さまのご支援をいただきながら力強く全力で走りだしたい」と力を込めた。

 今年は現在の高崎駅舎や駅ビルの完成から35周年にも当たる。中山浩明駅長は「駅周辺は大きく変わろうとしている。これまで以上に高崎駅を愛していただき、次の35年を目指していきたい」と述べた。

 百瀬支社長らが「ありがとう、30周年!」の垂れ幕が入ったくす玉を割って節目を祝った後、コンサートがスタート。楽団メンバーが鉄道にまつわる曲やジブリ映画の音楽などを披露し、一部はエフエム群馬で生放送された。

※詳しくは「上毛新聞」朝刊有料携帯サイト「上毛新聞ニュース」でご覧ください。