文字サイズを変更する
小
中
大
 

群馬県のニュース

BCリーグ ペガサス白星発進 後期戦開幕 

更新日時:2017年6月24日(土) AM 11:00
 野球の独立リーグ、ルートインBCリーグの後期戦が23日開幕し、東地区で前期を制した群馬ダイヤモンドペガサスは栃木県総合運動公園で栃木と対戦し、7―4で快勝して白星スタートを飾った。次戦は24日正午から長野オリンピックスタジアムで信濃と対戦する。

 栃木-群馬1回戦(23日・群馬1勝、13時、栃木県総合運動公園、204人)
群馬ダイヤモンドペガサス
 022000210―7
 101000002―4
栃木ゴールデンブレーブス

▽勝 伊藤12試合7勝3敗
▽敗 ホーキン10試合2勝4敗1S

 ○…群馬が小刻みな加点で栃木を突き放した。1点先制されたが、二回に臼井と椙山の連打などで2点を奪って逆転し、その後も着々とリードを広げた。椙山は三回、七回にも適時打を放つなど4打点の活躍。
 投げては先発伊藤が8回2失点と好投。打線の援護もあって四回以降は安定感を増し、栃木打線を寄せ付けなかった。

◎仲野が信濃移籍 ペガサス
 野球の独立リーグ、ルートインBCリーグの群馬ダイヤモンドペガサスは23日、仲野進也投手(21)が信濃グランセローズに移籍すると発表した。
 仲野は大阪府出身。日本航空高(山梨)から大体大に進み、昨季チームに加入した。最速145キロの直球と縦の スライダーを軸に、今季 は主に継投で16試合に登板した。

※詳しくは「上毛新聞」朝刊有料携帯サイト「上毛新聞ニュース」でご覧ください。

栃木-群馬 8回2失点と好投した群馬の先発伊藤=栃木県総合運動公園