文字サイズを変更する
小
中
大
 

群馬県のニュース

ドラゴンボールが卯三郎こけしとコラボ 13日まで予約 

更新日時:2017年9月11日(月) AM 06:00
 卯三郎こけし(群馬県榛東村長岡、岡本有司社長)は、人気アニメ「ドラゴンボール」のキャラクターをデザインしたオリジナルこけしを制作した。ライセンス商品企画販売のヒキダシ(東京都江東区、小池直行社長)との共同企画。ヒキダシのオンラインストア(hkds.tokyo)で先行予約を受け付けている。

 制作したのは少年時代の孫悟空、クリリンと、亀仙人の3種類。悟空の髪の毛はフェルト生地で表現し、顔全体のバランスを調整しながらアニメそっくりのこけしに仕上げた。

 両社の共同企画商品は、アニメ「ワンピース」に続き第2弾となる。ヒキダシは全国の伝統工芸とキャラクターのコラボ商品を数多く手掛けており、小池社長(43)は「今回のこけしも高い技術でアニメの世界観が忠実に再現されている」とアピールしている。

 1体4320円。第1次予約は13日締め切りで、商品発送は10月下旬になる。問い合わせはヒキダシの専用窓口(電話03-6458-8858)へ。

※詳しくは「上毛新聞」朝刊有料携帯サイト「上毛新聞ニュース」でご覧ください。

予約を受け付けているドラゴンボールこけし((c)バードスタジオ/集英社・東映アニメーション)