文字サイズを変更する
小
中
大
 

群馬県のニュース

河合家住宅など ぐんま絹遺産 追加へ  

更新日時:2017年2月17日(金) PM 09:00
 ぐんま絹遺産推進委員会(高木賢委員長)は14日、県庁昭和庁舎で第7回委員会を開き、県が登録を進める「ぐんま絹遺産」の新規候補3件を審議した。いずれも登録と答申し、近く県が正式決定する。

  3件は(1)大型養蚕農家建築「河合家住宅(主屋)」(みなかみ町)(2)「富岡製糸場土台石採掘場跡」(甘楽町)(3)蚕の飼育法、いぶし飼いを考案した永井紺周郎の妻の肖像画「永井いと像」(片品村)。

 「永井いと像」は亡き夫の遺志を継いで養蚕について講義する姿が描かれている。いとが設立した同村の「永井流養蚕伝習所実習棟」もぐんま絹遺産に登録され、日本遺産「かかあ天下―ぐんまの絹物語―」の構成文化財となっている。

 「河合家住宅(主屋)」に併設する「旧大庄屋役宅書院」は県指定重要文化財。「土台石採掘場跡」は甘楽町小幡の連石山の一部で、富岡製糸場の土台となる石を切り出した跡が残っている。

 県内に点在する絹関連文化財の価値を見直し、ネットワーク化して保存活用しようと、県は市町村に推薦された物件をぐんま絹遺産に登録している。これまでに計94件登録された。

※詳しくは「上毛新聞」朝刊有料携帯サイト「上毛新聞ニュース」でご覧ください。

「河合家住宅(主屋)」(中央、みなかみ町教委提供)