文字サイズを変更する
小
中
大
 

群馬県のニュース

県還暦軟式野球 Aクラスは前橋還暦9年ぶりV 

更新日時:2017年4月21日(金) AM 06:00
 軟式野球の第37回県還暦大会(県など主催、県還暦野球連盟主管、上毛新聞社など後援)最終日は20日、伊勢崎市野球場でA、B両クラスの決勝が行われた。Aは前橋還暦ボーイズが投手戦を制して9年ぶり5度目の頂点に立ち、Bは大胡名球会がコールド勝ちで初優勝を果たした。Aの上位2チームは関東大会(10月、茨城)に、Aの3位2チームとBの上位4チームは関東東京大会(7月、東京)に出場する。

 ◇Aクラス▽決勝
東還暦野球クラブ
 000 000 0―0
 002 000 ×―2
前橋還暦ボーイズ

 前橋が緊迫した投手戦を制した。三回に失策から原沢の内野安打、林の犠打、新井の左越え適時二塁打で先制し、暴投で1点を加えた。先発藤生孝は速球と変化球を巧みに織り交ぜ、3安打で完封した。

 東は初回、内野安打の先頭清水乗が三進し、二回も得点圏に走者を送ったが、後が続かなかった。

※詳しくは「上毛新聞」朝刊有料携帯サイト「上毛新聞ニュース」でご覧ください。

優勝を果たし、高見沢監督(中央)を胴上げする前橋還暦ボーイズのメンバー=伊勢崎市

 

初優勝を喜ぶ大胡名球会のメンバー=伊勢崎市

 

東還暦野球クラブ―前橋還暦ボーイズ 前橋還暦打線を4安打に抑えた東還暦の先発栗原=伊勢崎市