文字サイズを変更する
小
中
大
 

群馬県のニュース

集中力高める空間 都内にレンタルオフィス ジンズ 

更新日時:2017年9月14日(木) AM 06:00
 眼鏡チェーンのジンズ(前橋市川原町、田中仁社長)は13日、東京・飯田橋の東京本社の一角に、構造や光量などを工夫して集中力を高めるレンタルオフィス「Think Lab(シンク・ラボ)」を12月1日に開設すると発表した。作業に没頭したいエンジニアやデザイナーといった職種の需要を見込む。

 広さは1390平方メートル。禅寺をイメージして、参道に見立てて厳粛な雰囲気の長さ20メートルの通路を抜けると、植生と29階からの眺望で安らげる中庭を設ける。緊張感と開放感により集中状態に入りやすくなるという。

 業務スペースは机や椅子の角度が3段階で「作業に集中」「リラックスして構想」と使い分けられる84席と、「超集中」をするための個室12席を用意。4~6人での共同作業用の8室、畳スペース、雑談できるカフェエリアなども設ける。

 自らの体や精神の状態を把握できる3点式センサーを搭載した眼鏡「ジンズMEME(ミーム)」の活用研究の一環。医学博士の石川善樹さんが監修し、建築士の藤本壮介さんがデザインした。

 都内で記者会見した田中社長は「MEMEを使った調査では、オフィスでは予想以上に集中できていないことが分かった」と説明。働き方改革を実践するために「世界一集中できるスペースを提供したい」と述べた。

※詳しくは「上毛新聞」朝刊有料携帯サイト「上毛新聞ニュース」でご覧ください。

「超集中」のための個室スペース

 

記者会見で構想を発表する(右から)石川さん、田中社長、藤本さん